スポンサードリンク

健康

メタボリックはかっこいいか?

メタボリックという言葉が昨年から話題になっています。メタボリック症候群の基準を低くしすぎたため、多くの人がメタボリック予備軍となったのが話題になった一つの原因みたいですね。

ウエスト85cmというと私もひっかかってしまいます。メタボリックという言葉が流行る前から血液検査等は危ない状態だったのですが、これを機にすこし食生活からメタボリック対策をしたいと思います。

メタボリックという言葉がテレビで出始めたころ、職場ではあまり格好いい呼び方にすると勘違いする人がいるんじゃない?という声もありました。

メタボリックが格好良いかどうか?メカニック、メタリックと語感が似ているからですかね?

言葉、名前の与える影響は馬鹿になりませんね。メタボリックと言う新しい呼び方が話題になることで、健康への意識を新たにする、そんな意図が厚労省にあったかどうかは知りませんが、生活習慣が変わることで医療費が軽減されればいいのですが。

メタボリック関連でダイエットへの関心はいっそう高まったのでしょうか?まえと変わらない気がします。ダイエットは健康だけでなく、美容的な関心も高いですからね。

メタボリック症候群が高齢化社会のキーワードの一つとなるでしょうが、名前に踊らされて本質的な健康的な意味を間違えないようにしたいものです。

ダイエットも見た目の体型だけ即効的に、短期間で変えたいという間違ったダイエットが多いのが実情ですから。体の内側は脂肪だけではなく、多くの事が複雑に絡み合っています。



折り紙の作り方の隠された奥義

折り紙と言って思い出すのは、職場に時々現れていたおばあさんで、チラシで作った折り紙を持ってきてくれました。

折り紙と言ってもちょっとしたゴミを捨てるためのくず入れで作り方も簡単そうなもの。そのおばあさんは体を壊して、手が不自由になり絵を描いたり、折り紙の作り方を勉強したりして手のリハビリにしているようです。

その折り紙を大量に持ってきてしまうので、正直ありがた迷惑なのですが、本人は善意でやっているので仕方なくその折り紙を使っていました。

小物入れとしてその折り紙を使っていたら、おばあさんは不本意らしく、ゴミ入れとして使って、そのまま捨てると便利だからといって聞かないのです。

本人の意図した使い方と違うといっても、使う側はそれほどそういう使い方をしないものですが、まあ、病人だし花を持たせておきました。

職場で移動になって、しばらく、その折り紙の話は忘れていたのですが、ふとしたことでその話題になり、折り紙の作り方が知りたくなりました。インターネットで折り紙の作り方を調べるとすぐに作り方を調べられました。

まあ、だからといって作ったりはしませんでしたが、色々珍しい折り紙の作り方が書いてあったので、ブックマークして後で見るかもしれません。

折り紙といえば昔の日本の神道では物を折ったり、つつんだりすることで御守りのようなものを作る風習があったそうで結びという言葉は新しいものとものとの結び付きを表していますね。

折り紙やひもの結び方に開運のイメージを託していたようです。

酸素バー体験 高濃度酸素カプセルの中は?

酸素バーに最近行ってきました。酸素バーの広告が新聞チラシに入っていて、初回割引がついていたためです。酸素バーは東京や大阪ほどあちこちにあるわけではないので、物珍しさから、というのもあります。

その酸素バーはマッサージの店でやっているようです。岩盤浴やサウナで酸素バーを体験できる場合もあるようです。

酸素バーは結構昔からあるみたいですけど、酸素缶や酸素水が最近話題になっていて、酸素不足が指摘されていますから、その流れで話題になるようです。

酸素不足は密閉された部屋で仕事していると自覚しますね。特に冷暖房をつけているのが苦手でよく換気してます。

酸素不足は仕事の能率も悪くなるし、ストレスも溜まります。酸素バーは広告ではお子さんにも人気とか書いてあります。子供のうちからこんな酸素バーに来るのかと思いましたが、酸素バーは女性にも人気みたいです。

私が行った酸素バーは酸素カプセルに入って高濃度酸素を吸うもの。気圧がかなり変化するので、つばを飲み込んでみみの鼓膜を守るように言われました。(トンネルにいきなり入ったときのようになるんですね。)

それと酸素カプセルに入る前にコンタクトは外したほうが良いみたいです。

さて、酸素カプセルの中ですが、当たり前ですが真っ暗です。閉所恐怖症の人は断られるようです。高濃度酸素を感じるのはやはり耳ですね。(笑)精神的にはやや落ち着くような感じはします。目はコンタクトをはずして楽な感じで横になっていました。

酸素カプセルは空腹時の方が良いみたいです。今回はすこしおなかがもたれていたので、もう一回行ってみようと思います。

頭皮の気になる方へ

頭皮の健康について気になって調べてみました。頭皮は腸や口内と同じく善玉菌と悪玉菌が生息していて、バランスが崩れるとニキビ、発疹などの頭皮の病気になりやすいようです。

汗をかいてほうっておいたり、濡れたままにしておくのも悪いみたいです。

頭皮のマッサージは良いという人と悪いと言う人両方いますね。

頭皮のマッサージが良いと言う人は血行がよくなるからといい、悪いと言う人は毛根を痛めるからといいます。頭皮の血行を良くすること自体は良いようですが、方法的に良いかという問題です。

頭皮のフケは頭皮の汚れが酸化したもの。洗髪不足が原因らしい。頭皮のかゆみをシャンプーせずにほうっておくとふけが大きくなってかさぶたみたいになったりします。頭皮に優しいシャンプーで皮脂を適度に洗い流しましょう。

頭皮の皮脂はエステやデトックスで取りすぎるのも厳禁という人もいます。頭皮の皮脂Aは頭皮を守るためにも必要なもの。育毛のために皮脂を取りすぎるのも考えものという意見もあります。

色々頭皮に関しては意見があるので、頭皮の悩みは難しいです。頭皮が固いと新毛が生えにくくなる事から、頭皮はやわらかいほうがいい、そのため頭皮を叩いたりしないほうが良いみたいです。
アトピーや脂性の頭皮の人は皮膚科に相談したほうが良いみたいですね。

頭皮の毛穴の洗浄や頭皮の保湿の仕方など専門家に相談しましょう。頭皮におできやイボ、腫瘍などある場合はなおさらです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。