スポンサードリンク

精神・占い

北欧神話の魅力

北欧神話はよく小説・漫画やゲームの題材になりますね。

北欧神話の神様と言えば、オーディン、ロキ、トール、フレイなどが良く聞く名前です。神話の神様(の名前)を身近に感じるのは私たちの世代ではゲームの影響が大きいと思います。

私の小学生のころ第一作が開発された「女神転生」シリーズは神々、悪魔、伝説上の存在が数多く登場します。効きなれない各国の神話・伝説上の存在の名前が独特の雰囲気を出しいました。

北欧神話単独のゲームとしては個人的には「ヴァルキリープロファイル」が結構はまりました。北欧神話の細かいストーリーを知らなくても充分楽しめます。

北欧神話はギリシャ神話とも似たところがありますが、日本神話もそうですが、多神教の神話は多くの物語の原型になっていると言われます。

主人公が日常から旅に出て、仲間の助け、試練を経て成長し、目的を達成し帰還すると言う一つの型があります。小説や漫画、映画もこうした型を取り入れ、発展させています。

北欧神話とギリシャ神話では最初のころに神々の世代交代の話があります。日本の古事記も国譲りの話がありますが、ギリシャ神話では子が親を倒す構造が顕著に現れます。

これは親殺しという嫌なものを連想する人もいるかと思いますが、前の世代を乗り越えていく事で世の中が発展していく事の象徴ではないでしょうか?親が子に願う事、自分より色んな意味で大きくなって欲しいと願う事が出来る親になりたいものです。

北欧神話から話はずれましたが、神話を読む際に子供のころとは違っていろんなことを連想するようになりました。北欧神話以外のエジプト神話、中国神話、シュメール神話なども今後読んでいくつもりです。


幽体離脱の体験 分かる人には分かる世界

幽体離脱というと非科学的と言うのが一般的ですが、私の場合こういう体験を結構していまして、親近感があります。

幽体離脱の方法でCD(ヘミシンク)も売られていますが、私の場合ですと食事が消化されないまま、寝てしまって良く寝付けないときに幽体離脱が起きます。こういうときはなかなか寝付けず無理やり寝入ろうとすると夢の中でやけに現実感があり、というか内臓のこなれていない感覚が夢に影響を与えているんじゃないかと思いますが、肉体から精神が離れてあちこち飛び回るような感覚を体験します。

たぶんの脳の不調とかで説明しようというのが現実的なんでしょうが、この感覚は自分で味わったひとでないと分からないと思います。

幽体離脱は体外離脱とも言われ、昔から文献にも登場しますね。聖徳太子も夢の中で幽体離脱したとかしないとか。

幽体離脱と似た現象で明晰夢というのもあります。明晰夢は夢の中で意識を保っている夢で、自分の意志で夢を操作したり、夢の中で歩き回れるといいます。

明晰夢と幽体離脱の違いは明晰夢は夢の中が対象、幽体離脱は現実世界を対象とする点でしょうか?

でも、夢も現実も意識の上での現象という点では同じなのです。私たちは感覚を通して世界を知覚しますが、意識の上で自動的な編集が行われているそうです。

この脳の編集作用をどうにかする事が幽体離脱や明晰夢の鍵ではないかと直感的に考えています。

最近、久しぶりに幽体離脱したものでついつい、取りとめもないことを書いてしまいました。

足湯から始まる健康法

足湯がちょっとしたブームになっているようで、フットバスも昔からあるのに結構通販で売れているみたいですね。足湯くんとかいう足湯器を良く聞きます。

足湯が見直されたのはデトックスが流行ったせいかもしれません。足の毒を抜く事が体にいいと言う事です。以前、足の健康法はツボ押しに通った事があります。たまにやるととっても気持ち良いですよね。その日はぐっすり眠れます。

また、一部で評判が悪いのですが、樹液シートは私は結構スッキリします。べとべとするのがイヤであまり使ってませんが。

さて、足湯ですが、デトックスフットバスでは湯の色が変わるパフォーマンスが受けているみたいです。あれは足からでるミネラルが液に反応して色がつくというものかと思いますが、派手に色が変わると体が綺麗になったような気になりますね。(樹液シートもそうですが)

足湯と言えば熱海駅前の無料の足湯が有名ですね。バス待ちの時間のお年寄りも入っているみたいですが、足湯でデトックスが流行ってから足湯が見直されてきているのかな?
足湯カフェとか足湯居酒屋なんてものもあるんですね。

足湯でぽかぽかすると足の血行がよくなる効果があります。足は心臓から一番遠いので血行は悪くなりがち。足が冷えやすいのはそのためです。私も最近手や足が冷たいのを時々感じます。

家で足湯グッズ買うほどではないし、半身浴で様子を見ています。前回は熱海駅の無料足湯は素通りしてきたので(知らなかったので)、今度熱海を通ったら足湯に使ってこようかと思います。

加藤あいと温泉

加藤あいが温泉で盗撮されたそうです。インターネット上のオークションに流出しているそうですね。加藤あいの盗撮画像・写真を無料でダウンロードするサイトを探す人も多いようです。

本物の加藤あいなのかイマイチ確認できるほど鮮明でないような話ですが、ネット上ではかなり話題のようです。

温泉も開放感が魅力なのですが、加藤あい騒動のように盗撮されると思うとちょっと・・と言う人と旅先で解放的になっているのかあまり気にしないと言う人もいますね。

せっかくの温泉ですから、自然と触れ合える露天風呂は魅力的です。温泉が最近ちょっとしたブームになっていて雑誌で特集が組まれています。昔ながらの温泉もインテリアや内装に凝っていて若い女性をターゲットにしているようですね。

最近、熱海に行く用事があったのですが、駅の前に足湯があって、無料で入れたみたいです。あまり時間がなかったのと誰も足湯に入ってなくて、入りづらかったため、今回は見送りました。

熱海といえば結構宗教団体の建物が多いようですね。むかし、某新興宗教の教祖が熱海・箱根あたりがパワースポットであると言うようなことをいったとか・・・。

当時から熱海・箱根は温泉街として知られていました。都心からも近いので行きやすいですね。

私もスーパー銭湯ではイマイチ飽きてきたので、近場の温泉で日帰り入浴してこようかと思います。海なし県に住んでいるので、海の見える温泉にゆっくり4泊5日くらいしてきたいですね。

野菜スープダイエット変形版

野菜スープダイエットは野菜スープを食べることで行うダイエット。こればかり短期間で食べてやせようという考えは無かったので、野菜スープは作り置いて、普段の食事のバランスを取ろうと思いました。

野菜スープダイエットはおもいっきりテレビで放映され、野菜スープダイエットの作り方が紹介されたようなのですが、私はダイエットの速効性は求めてはいないし、本屋で健康雑誌を立ち読みして、野菜スープを作ってみることにしました。

そんなに味にこだわらなければ、野菜スープはコンソメのスープのブイヨンで充分。野菜本来の味だけで楽しめます。

私が見た野菜スープの作り方はにんじん、かぼちゃ、玉ねぎ、キャベツがメイン。また、別な情報ではトマト缶を使う野菜スープの作り方が載っていました。

内臓脂肪などを燃えやすくする脂肪燃焼によい野菜の組み合わせってあるのかも知れませんが、面倒だし同じ味のスープを食べていると飽きるので、適当に味と栄養のバランスを考えて作ることにしました。

私の野菜スープは基本的にかぼちゃベースかトマトベースで作ってます。

野菜スープで繊維質やビタミン不足が解消されればいいんですが。なかなか、サラダなんかでは野菜の量は取れませんよね。野菜スープなら野菜も軟らかくなっているし、温かいので胃腸にもよく多少作りおきも出来ます。

食生活改善の一手となればいいのですが、野菜スープは冬物ですから、夏まで頑張ろうとおもいます。野菜スープダイエットはねつ造ではないとおもいますが、単に健康のためと思えばいいでしょう。

ATM 貯金箱ってすごい話題ですね!

最近、貯金箱が人気のようです。ATM 貯金箱というのが今日もテレビで話題になっていましたが、正式名は「私のATM BANK」で定価が4176円ということです。

銀行のATMに預けても利子は対してつかないし、払い戻し手数料がかかるし、貯金箱のほうがいいというか、変わったデザインの貯金箱がよく売れているようです。

一月は子どものお年玉をいれる貯金箱がよく売れるらしいのですが、実は大人も一年の計とばかりに貯金箱を買ったりするようです。

ATM 貯金箱以外にも面白いアイディアの貯金箱は色々出てますね。「人生銀行」というたまごっちと貯金箱を足したようなものはお金を入れることで、画面の人生が展開するというもの。発想は何かと何かの組み合わせといういい例ですね。

本タイプの「10万円たまる本」も本の中に500円をはめ込んでいくと全部で10万円貯まるという趣向が受けているようで、貯金箱は学校の夏休みの宿題でもよくありますが、アイディアの宝庫かもしれません。

ATM 貯金箱は暗証番号とカードを使った本格的なこだわりようです。金額は手動で入力するのですが、画面でいくら貯まったか残高照会が出来ます。ATM 貯金箱の売りですね。

こういったアイディアは時代背景や技術の進歩にあわせて、尽きることがないんだなあ、と思いました。

貯金に関してはこの前読んだ、「バビロンの大富豪」が参考になりました。一定額を毎月貯金することがお金に対する余裕を生み出し、お金を扱う意識が育っていくというようなことが書いてありました。

ATM 貯金箱を試しに買ってみようかと思いました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。