スポンサードリンク

日記

朝日ソノラマの個人的ベスト1!

朝日ソノラマ文庫との出会いは菊地秀行さんの「バンパイアハンターD」いや夢枕獏さんのキマイラだったか?いずれにしても、シリーズが結構進行した後で、高校生くらいで朝日ソノラマ文庫に出会いました。

朝日ソノラマは中高生向けのいわゆるジュブナイル小説の文庫です。ジュブナイルという言葉も朝日ソノラマ文庫で知ったような記憶がありますが。

どのへんから、中高生向けなのかは良く分かりませんが、両氏のシリーズは大人になった今読んでも充分面白いですね。(バンパイアハンターはしばらくご無沙汰です、読みたいんですけど他の本に時間を取られてしまって。)しかし、キマイラは数年に一回の発刊で最近、記憶力がないせいか新刊が出ても話がつながらないですね。

キマイラは朝日ソノラマ文庫から、ハードカバーに移る事になってから、外伝的な青龍変がようやく去年でました。いま、ハードカバーで復刊されていた本編をゆっくり読み返しています。(改筆が入った事知りませんでした。)

読み返していると、朝日ソノラマ文庫の本に読みふけった高校生のころの気分を思い出します。あのころと今、何が違うのか?若い頃、色々、悩んだ事もあって、あのころに戻りたいとは思いませんが、本を読むとき何を読んでも面白かった気がします。

今は、本代もふんだんに使えますが、朝日ソノラマ文庫の数百円を大事に使っていたあのころはもっと純粋に読書を楽しんでいたのかも知れません。数千円の本を読み捨てる毎日を少し、反省しました。

人生銀行はなぜそんなに叩かれるのか?

人生銀行はお金を入れると画面上の人生が変化していくと言うたまごっちと貯金箱を組み合わせたような設定が受けて、マスコミの話題になりました。

人生銀行は売り切れ店続出でしたが、インターネットの口コミではあんまり評判はよくないですね。人生銀行の価格は5000円弱。貯金箱にしては人生銀行は高い感じはします。

人生銀行のアイデアは面白いと思いますが、如何せんインナーネットの書き込みに限らず話題になったものは叩かれる傾向はあります。あまり、人が注目しないものでいいものを見つけたようなときに賛辞を送ったり、人に勧める傾向はあるんじゃないでしょうか?

人生銀行も余り話題にならなければ、掘り出し物の逸品として、扱われたかもしれません。

でも、レビューをよく読むと発想自体はほめられています。画面が汚いとか、500円しか入れられないとか、発想を最終的にもっと練りこむ必要があったのかもしれません。

人生銀行はお金をためる事を視覚的に訴えるという点でもう少しアピール力があればよかったのでしょうか?例えば、金持ち父さんのようなお金もちの秘訣的なものを学んでいけるとか、あるいは成功のイメージを植えつけていけるとか・・・付加的にアイデアは色々あると思いますが、アイデアは練りに練って仕上げるのが大事と言う見本か?

ところで、銀行のATM手数料無料化の動きがあるようですね。大手銀行が取り組むそうで、私の地方銀行も合せて無料化に踏み切って欲しいものです。

豆腐料理のレジピとダイエット成功の鍵

豆腐の料理のレシピは冷奴と湯豆腐がおなじみですが、「豆腐百珍」という江戸時代の料理のレシピには豆腐料理の様々な形が収められています。

豆腐は味が淡白なため、料理に使いやすいと言います。

最近でもないけど、「豆腐屋ジョニー」にハマッたことがあって、コンビニやスーパーでこんなおいしい豆腐が食べられるのか、と驚いた事があります。うちの実家が化学調味料をあんまり使わない家だったので、どちらかと言うと自然な味付けが好みなのですが、「豆腐屋ジョニー」の濃厚な味わいは天然のおいしさのように感じました。

コンビニやスーパーで売っているものは人口的な添加物のイメージが強かっただけにあの豆腐の濃厚さは鮮烈でした。

料理のレシピ、いや醤油なしでも充分おいしい「豆腐屋ジョニー」ですが、パッケージングでも随分話題になって、各種雑誌でも取り上げられましたね。

「豆腐屋ジョニー」の会社のほかの製品も食べてみたいんですが、なかなか、近所のスーパーに売っていないんです。

ただ、「豆腐屋ジョニー」だと豆腐ステーキなどの料理のレシピには向かなそうですね。豆腐料理のレシピはダイエットにも好んで使われます。

納豆ダイエットで不信感の高まったダイエットですが、豆腐は健康にいいのは確かだし、肉に比べて胃腸への負担が少ないので、普段食ベ過ぎている人向けでしょう。豆腐料理のレシピを沢山覚えれば、飽きずにダイエットできるかも。ダイエットは結局、飽きる事が一番問題のような気がします。

フレグランスとメモリー

フレグランスは辞書によると心地よい香りの意味。変なにおいはフレグランスとは言いません。ですから、香水やアロマオイルの匂いはフレグランスです。ルームフレグランスも様々な形で市販されていますね。

ところで、匂いを感じる仕組みはまだ、良く分かっていないようです。ただ、フレグランスが直接、脳の原始的なところに作用するのは分かっています。フレグランスは嗅いだ人の気分や体調に大きな影響を与えます。フレグランスの記憶って結構記憶に残りませんか?

人によって違うかもしれませんが、ある状況で聞いていた曲が頭に残っていて、その曲を聴くとそのころの状況が思い出される、事が良くありました。私の場合、小売店で接客業をしていた時期があって、有線で流れる曲がそのころの気分の記憶と結び付いています。

どうしても、フレグランスの場合も記憶と結び付きやすいと思います。ある人のつけていた香水のフレグランスが記憶のと結び付いたり、田舎の風景が匂いと結び付いたり・・・。

人間の情報の大半は視覚からと言いますが、聴覚、嗅覚、触覚、味覚を意識する事で脳のいい刺激になるようです。特に触覚は直感力を鍛えるのに有効らしい。何かに触ったとき、直観が働くか意識してみると良いようです。

嗅覚はアロマテラピーがあるように、ストレス解消など精神にも大きく関わりますね。フレグランスは人工的な香水の香りが苦手な人もいると思いますが、私はアロマテラピーでも天然のハーブのアロマを良く使っていましたが、物によっては余り好きになれませんでした。

フレグランスは結局、自分が心地よく感じるものが良いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。