スポンサードリンク

精神・占い

名前と良運 命名にこめる意味

名前を良運で命名したいという気持ちは、誰でもあるようです。私の名前は親の名前から取ると言う最近は余りない付け方です。あまり、目立つ名前でも困るので別にいんですけど。

赤ちゃんの名前で良運を願う場合、姓名判断は一つの方法としてあるでしょう。姓名判断は色んな流派はあると思いますが、画数と音の響きが重要です。赤ちゃんの名前で良運を授かるように命名する事はそれだけ子供がかわいいから、気持ちがはいるのでしょう。

他には赤ちゃんが生まれた当時の有名人にあやかる場合。この場合、同じ名前が同級生にいっぱいいる可能性が高いですが、違和感ある名前にはなりにくいので良いのかもしれません。

最近の子供の名前を見ていると3文字の名前が多いですね。日本語は漢字で意味が籠められるので、3文字だとそれだけ良運を願って命名されたなという親の気持ちが伝わってきます。私の名前は苗字からして画数が多いのですが、署名の際、面倒だなんていうのは、罰当たりなのかもしれません。

姓名判断などの本を読んでいると、良運とはなんなのか、考えさせられます。良運というと苦労のない人生を親御さんは望んでいるのでしょうか?

なんでも思い通りになる事は自分を成長させる機会がないとも言えます。人生で何が起こっても乗り越えられ大きくなっていく、そんな心と体を授かる事が本当の良運のような気がします。

若い頃はそれなりに悩んで苦労もしたけれど、回り道をすれば得るものも多いのです。

遺跡と心理 神話の力

ある人から、ギリシャ神話を読むと仕事や人間関係によいと聞いて、ギリシャ神話や日本神話を読み漁りました。

なんとなく知ってはいた神話ですが、あらためて読むと神々の描かれ方に人間の感情や成長の奇跡が見て取れます。「神話の法則」という本も合せて読んだのですが、神話はハリウッド映画や小説にも応用され、主人公のミッション達成、成長のパターンを踏む事が共感を得る物語の法則だそうです。

神話はシュリーマンの遺跡発見のエピソードなど事実関係を表す事も多いですね。シュリーマンは「イリアス」などギリシャ神話の叙事詩からトロイヤ遺跡を発掘したわけです。

日本の遺跡では邪馬台国が有名です。もう十年以上もまえですが、「ヤマタイカ」という漫画にハマッたことがあります。邪馬台国の遺跡のなぞを追う話だったと思うのですが、戦艦が空を飛んだり、奈良の大仏が動きだしたりという描写も描きつつ、まじめに邪馬台国の遺跡のなぞに迫る大変面白い漫画でした。

さて、世界の遺跡など事実をも描いている「神話」ですが、同時に人間の成長過程も描きつつ、読む人によって色んな読み方が出来るんですね。ある人には歴史ロマン、ある人には心理学、ある人には物語り、トンデモ本で科学書として神話を読むものもありました。

その中でも遺跡の発掘は目で見える部類の神話の証。数々の苦労はあると思いますが。心理的な読み方はある程度個人的な内的経験と言えます。どちらかと言うと今は遺跡より、自分の成長のために神話を読みたい気分です。

これから、アマゾンで買った「神話の力」を読んで神話の世界に浸りたいと思います。

自閉症の症状と対人関係の悩み

自閉症の症状について、私のいとこの子が自閉症と診断されたそうです。自閉症の症状は要は周囲の人とのコミュニケーションが取れないことを言うようです。でも、単にちょっと内気なだけという場合もあるでしょうから、厳密には分かりませんが。

自閉症のうち、知的障害がないものを高機能自閉症と言います。自閉症の症状は周囲に意思表示をうまく出来ないわけで、周りに人間が思っているイメージと、その自閉症の子の考えている事はギャップがあると思います。

私も子供のころ、内気な性質で、いまそんな事を職場で言っても信じてもらえませんが、周りの自分を見る目と自分の考えの違いに悩んだ時期もありました。

自分の心と周りの目のギャップ、これは自閉症やコミュニケーション不全の人達だけでなく、誰もが感じるはずのものですが、周囲とのコミュニケーションが取れていないと自分だけが苦しんでいると思いがちです。

一時期、うつ病や自閉症に関する本を読み漁った時期があります。別に自分がうつ病や自閉症だとは思ってませんが、いろいろと参考になりました、

自分の事ばかり考えず、他人ために奉仕する事が有効な治療法になる場合が多いようです。

自分の世界に閉じこもっていると自分だけが苦しんでいると思いがちです。他人に目を向ける事が有効なのは視野を広げてくれるから。

でも、他人への奉仕と言うか、利他の心は「健全」な人の問題解決にも有効かと思います。対人関係での悩みは自分だけに意識が向きすぎる事が原因の場合が多いのです。

自閉症の症状やうつなどの問題に向けるとき、健全な人達のこころにもかかわりがあるという視点をもてたことは、若い頃の読書の収穫でした。

入社式のありえない挨拶

入社式ってテレビで大企業の入社式を見たことがあるくらいで自分では余り、入社式らしい入社式はやった事がありませんでした。

最近うちの会社も新卒で結構取ったときは、新人研修と入社式らしきものをやるようになったようです。昨年は社長も張り切って。入社式で2時間スピーチをかましたようですが、今年は新卒も少なく、入社式は行わないようです。

入社する側にとっては入社式ってどうなんでしょうか?勿論、うちの社長の2時間スピーチは居眠りも出たようです。(数名しかいないんですが)スピーチの内容にもよるでしょうが。

入社式はなくても、たぶん歓迎会は行われるでしょう。歓迎会といえば毎年上司から、歓迎会にふさわしくないスピーチが行われます。歓迎会なのに異動が多くてすみません、とか、この会社もあと数年で終わりです、とか、酒の席とはいえ言う事でしょうか。

もっとも最近その上司は退職しました。代わりになる人もいないので、本当にこの会社、あと数年かもしれません。

入社式での挨拶で非常に感銘を受けたと言う人の話を以前聞きました。社会人になってからは行動に移す事が大事だと、言う主旨の話でした。

なんでもそうですが、感動や感銘は一時的なもの。自分の意志で実行に移してこそ物になると言う事のようです。入社式が行われない我が会社、所属長は新人に社会人としての行動の引き金となるような指導をしてもらいたいものです。私のところへは新人は来ないと思いますが。

新生活への野望と思い出

そろそろ新生活の始まる人も多いかと思います。私もそろそろ新生活を無理やり作り出そうと策を練っています。新生活応援、とか、新生活の家電とかがチラシを飾るころ頃ですが、今私が住んでいるのは会社の寮。

前回書いたように、転職の機を覗っているので寮からでて新生活を始める必要があります。新生活というか引越しはしばらくしてませんが、過去数回はあります。何回やっても面倒な手続きが多いもので。今回はADSL回線もつないでいるのでそれも面倒ですね。

そろそろ引っ越し先の下見をとおもいつつ、色々やる事が多くて先延ばしになっています。新生活に移りたい理由は会社の寮からの脱出ですが、なれた環境は楽なもの。隣に住んでいるのも所詮、会社の同僚です。それが嫌なときもありますが。

新生活で一番変化が大きかったのは大学入学のとき。あのころは親が何でも手伝ってくれたから、まだ良かったのですが、初めての一人暮らし、に加えて結構遠い大学だったので地方の違いも大きく、戸惑った覚えがあります。

会社に入ったときの新生活は仕事を覚えると言うことが1番の刺激でしたが、転職を何回かするうちに適応力が出来てきた気がします。

新生活は不安も多いですが、環境の変化への適応力をつけるいい機会です。所詮いつまでも同じ環境ではいられないのですから。

でも、こうやって変化を喜んでいるかのように周囲の人に見られるとひんしゅくを買ったことがあります。そんなに転職が嬉しいのか、と。

モバゲー攻略 裏技と荒技

先日の王様のブランチで始めてモバゲーという言葉を聞きました。モバゲー=モバイル+ゲームのことかと思ったら、モバゲーはモバゲータウンの略でゲームだけでなく、mixiのようなSNS(ソーシャルネットワーク)のサービスも行っているとのこと。

モバゲーはほとんど10代20代のユーザーで占められていて、私が知らないのも無理はないです。わざわざ王様のブランチで取り上げられるのだから、一般に認知されつつあると言うことでしょうね。

でも、2006年2月に始まって、モバゲーのユーザーは200万人突破したようです。パソコンからのアクセスは一切出来ない携帯端末専用のコンテンツがモバゲーです。

モバゲーは出会い系サイトにならないようにメールアドレス・電話番号の交換は禁止されているようです。

私も一時期携帯向けのサイトを作っていたことがあるのですが、パソコンと違って難しいですね。ユーザーの年齢層が先ず違うし、いわゆる勝手サイトでアクセスをあげるのは根気が要ります。

モバゲーは勝手サイトらしいのですが、キチンと市場を理解しユーザーが集まる仕組みを考えた事が成功のポイントでしょう。モバゲーの日記やゲームの攻略などモバゲーへの需要は大きいようです。

モバゲーの裏技を求める声も多いようです。裏技という言葉、携帯で特に良く見かけます。ニンテンドーの初代ファミコンのころ生まれた言葉かと思いますが、うちの父は良く荒技と勘違いしていました。

就職活動日記 激動の10年!

就職活動日記を書こうと思ったのは、最近転職を考えないでもないので。私の今の仕事は比較的求人の多い資格職。資格は取っただけでは就職活動に影響あるものとそうでもないものがありますが、私の資格は今は伏せて起きますが、職場を選ばなければ、そこそこは給料はいいです。

でも、状況は変化するもの。後十年後は分かりませんが。

ですから、就職活動日記と言っても、余り考えず新聞の求人広告で信用できそうなところを見て、転職を2〜3回していました。

10年前の就職活動日記。10年前初めて就職したときの会社は新規openの会社。こういう新規のところは、人間関係が出来上がっていないのでその点、気楽な面もあります。もう一人の入社した人は経験者だったので、私はゆっくり仕事を覚えつつ、やってましたが、社長にとっては経営が苦しかったらしく、1年半くらいで退職するはめに。

8年前の就職活動日記。
そのときの同僚が新聞のチラシを持ってきてくれたのが、某有名企業の求人。面接も都内まで行かなくてはなりませんでした。電話するまでは支店の面接で良いだろうと思っていたのですが・・・。入社式というか、オリエンテーションまで本社で参加する羽目に。

前の会社が楽だったため、ここでは仕事に苦労しましたね。でも、いろいろと大切な事を学んだと思います。4年くらいはここにいました。

4年前の就職活動日記。
また、今度も新聞のチラシで就職先をチェック。今度は取引先にその会社は大丈夫そうか、確認したところ今大変伸びている会社とのこと。これが今の会社。変わった人間が多く、人間的に随分鍛えられた気がします。もうどこへ行っても平気のような感じ。でも、今の部署は非常に暇!暇だけに内職もやり放題ですが、内職に飽きたらもう一度、新世界に挑戦しようと思います。

パワハラ上司の末路

パワハラ、パワーハラスメントという言葉最近良く聞きます。うちの職場にもパワハラ上司がいて、(最近やめましたが)、こういう人の特徴は普通に支持を出したり、指導すればいいところですぐ感情的になるんですね。仕事とは関係ないところで八つ当たりする、注意すべき人に何にも言えず他の人に八つ当たりする、と言った言動が目立ちました。

職場のことを考えれば、上の人間が真っ先に感情的になってイライラされたらいい迷惑なんですが、パワハラ上司は職場の全体より自分の感情優先の人間と私は思ってます。

部下とのコミュニケーションに悩む人は多いようで、最近ではコーチングなど勉強する人も多いですね。一人一人考え方は違いますが、社会の中ではその違いを乗り越えてやっていかなくてはいけません。

でもパワハラは部下の側から見ると、普通に指導された場合でもパワハラという言葉を安易に使うケースも多いようです。パワハラという言葉が出来た事で、上司と部下の関係に微妙な緊張感が生まれつつあるのかもしれません。

パワハラは職場で使われる言葉ですが、人と人との関係としてみると親と子、先生と生徒にも関連があります。

体罰は私の子供のころとは問題になりつつありましたが、最近の学校では大変問題になるようですね。体罰に関して思うのは、先生の気持ちが余り重視されてないような気がします。生徒のためを思って手が出るのと、単なる八つ当たりで手が出る事は別物だと思います。

体罰をせずに分かってもらうのが一番だとは思いますが、私情で加える体罰と生徒のためを思っての体罰(先生の独りよがりな場合もありますが)は区別されるべきですが、実際には体罰と言う行動のみで判断せざるを得ないのでしょうか?

パワハラもこれと同じで、上司が私情を仕事に持ち込むか、業務の遂行のため、部下の進歩の為か上司側、部下側ともに先ず考えてみると良いのではと思います。

PSPのワンセグ対応

PSPのワンセグ。ニンテンドーDSより画面が大きい事でPSPのワンセグ対応は期待されているようです。どうしても、ニンテンドーDSより拡張性があると言われながら、GPSユニットなどが発売されてもいまひとつの人気のPSPです。

ニンテンドーDSとPSPどっちにするか?という悩みは多くの人が持っていたようです。ワンセグ対応はその一つのポイントで昨年(2006年3月ころ)、しきりにワンセグ情報を求める声がネット上で上がっていました。

ワンセグ受信にはニンテンドーDSの場合、地上波 デジタル放送受信カードが、必要で昨年発売になりニンテンドーDSではワンセグに対応しました。

PSPはパソコンとの連携やオーディオ機器として、ワンセグより上を言っているという意見もあります。そう、使う人のニーズに合せればいいのですが、ゲーム機の宿命として、魅力的なソフトが揃わないと価値は低くなっていくもの。

PSPでテレビを見るにはロケーションフリーテレビというサービスもあるようです。ワンセグと違い余り聞いたことないんですが・・・。

大体、ネットでPSP ワンセグで検索すると出てくる記事は2006年のばかり、ワンセグ対応はする予定がないのでしょうか?
ロケーションフリーテレビも2006年の情報が多いし、イマイチ最近の情報が分かりません。

まあ、私はテレビを余り見ないので、NHKの受信料を払いたくなさに最近テレビを粗大ゴミに出しました。職場ではテレビがずっとかかっているし、後は一人の時間はネットや読書でつぶれてしますから、それで良いかと。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。