スポンサードリンク

日記

レジ袋有料化は生活を変えるのか?

レジ袋有料化のニュースが話題になっています。イオンの一部がレジ袋有料化に踏み切ったとか。

レジ袋有料化がが環境問題解決に役立つのか?反対派の中には疑問を持つ声もあります。レジ袋を貰わなくても、レジ袋をゴミ捨てに使っていた人達は代わりにゴミ袋を消費するためあまり環境的に変わりないのでは?という反対派の主張があります。

レジ袋有料化でレジ袋は5円程度とされますが、年金生活者や低所得者には負担割合が大きいとする向きがあります。

私の周りではまだ、レジ袋有料化が導入されていないのですが、レジ袋有料化でいやなのは、レジで袋が必要かどうか、マニュアル的に聞かれる事です。聞くほうもお客さん全員に聞くのは面倒でしょうが、聞かれるほうも買物のたびに聞かれるのはうんざりするはず。

お買物袋を必ず持って歩けばいいのでしょうが、急に買物に立ち寄る事もありますから。

レジ袋 有料化以外でもこういう経験はありますよね。「お箸は何膳お付けしますか?」とか明らかに一人前しか買ってないのに聞かれるとちょっと嫌な感じがするのは私だけでしょうか?マニュアルどおりの応対だから仕方がないのでしょうけど。

レジ袋有料化の際も聞き方は状況に応じて、変えて欲しいのです。マニュアルどおりの聞き方をするなら、YES、NOで答えられる聞きかたの方がいらいらしないと思います。

「レジ袋どうなさいますか?」のような聞き方だと返事が面倒な場合とか、相手の態度が感に触ったら、答えるのが億劫かも。でも、別に私はレジ袋有料化に反対なわけではありませんが。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。