スポンサードリンク

健康

ラクトフェリンってこれから流行るかな?

ラクトフェリンって最近まで乳酸菌のことと勘違いしていました。ラクトフェリンという名前からして乳酸菌のイメージがなぜかしていたのです。

でも、最近健康雑誌を見てたんぱく質の一種と言う事を知りました。母乳に含まれるたんぱく質で赤ちゃんの免疫をアップさせるとか。

そのほかにもラクトフェリンの効果は色々あるようで、免疫関係中心にガンの抑制(治るとまではいえません)、口内炎の抑制、ドライアイの改善、活性酸素の除去、頭痛や痛みの緩和と非常に多岐にわたります。

ラクトフェリンはこれから研究が進んでいくと思いますが、乳酸菌を増やす作用もあるのでヨーグルトに入れたりするラクトフェリン添加食品が増えているらしい。

それで、ラクトフェリンを乳酸菌と取り違えたんですね。ラクトフェリンは熱に弱いため普通の市販の牛乳やヨーグルトには余り含まれていないそうです。

近年の技術でラクトフェリンを抽出できるようになり、ラクトフェリン添加食品が増えたようです。

ラクトフェリンは取りすぎてもほとんど副作用はないと言われます。でも、私などは必要以上に取らなくてもと思いますが。ラクトフェリンは若さを保つためにも重要な位置を占めるらしいのでこれから、CoQ10みたいに流行るかもしれませんね。

ラクトフェリンは森永乳業や雪印乳業等で製品化されていますが、宅配専用、通販限定と言うものも多いようです。花粉やアトピーにも効果が期待できると言いますから、試してみたいですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。