スポンサードリンク

日記

退職願の書き方・書式のにがーい思い出と教訓

退職願の書き方・書式はインターネットでもテンプレートが探せますね。私が以前の会社を退職するときはあまりインターネットが普及していなかったものですが、今は簡単に退職願の書式・書き方をダウンロードできます。

べつにまた、退職したくなったわけではないんですけど、以前退職したときはまだ若かったので、退職の理由のところに、本当に会社への不満を書いてしまいました。実際は一身上の理由で済ます場合が多いのは知っていましたが、当時の会社に随分腹が立ったので、会社の文句をここぞとばかりに書いたのですが、相手に読んだ方の感想が聞けなかったのが残念です。私の汚い字で書いた書き方も書式も目茶苦茶な退職願は今おもうと恥ずかしいので、今度、退職するときは退職願の例文・サンプルをよく見て、しっかりとしたフォーマット、見本を見て書きたいものです。

退職願は普通に受理されたらしく、退職金代わりに残りの有給が換金されて振り込まれました。結構な額だったので、最後にちょっとその会社を見直しました。

今の会社はというと、結構不満を持つ人も多く、忙しい部署ではアルバイト・パートさんの入れ替わりも激しいです。

退職願を提出する時期は原則、一ヶ月前と社則に書かれていますが、最近急激にやめた人が何人かいました。きちんとした退職願は多分書いてないのか?パートさんの場合、口頭の退職願いで済ますんでしょうか?

退職願いもあまりあっさり受理されると寂しいですね。私はまだ希少価値のある(給料は並)職種なので退職願いを提出すると多分引き止められます。(多分)退職願を出すタイミングも難しいですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。