スポンサードリンク

日記

戦略シミュレーションと人生の非常識な関係

戦略シミュレーションは昔々、「信長の野望」にはまったのが始まり。当時戦略シミュレーションはあまり画像もきれいでなく、パソコンへのロードに非常に時間がかかるものでした。

なにしろカセットテープでパソコンソフトが売られていた時代です。その時代から、シリーズが続く戦略シミュレーション「信長の野望」はやはりすごいソフトですね。

戦略シミュレーションは「戦略」であって「戦術」ではありません。戦略と戦術の違いは戦術が局所的な戦場を舞台にした作戦、戦略は局所的な争いも含めた長期的な計略を言うようです。

戦略シミュレーションは戦国時代を舞台にしたり、近代戦を舞台にしたり、近未来のアニメのゲーム化だったりしますが、一時的な戦いに勝つ以上の長期的な思考が必要になります。

戦略シミュレーションは「信長の野望」もそうですが、最初の一歩を踏み出し、足がかりを作っていくときが一番面白いんじゃないでしょうか?だんだん自国が強くなっていく楽しみもありますが、終盤戦余りに自分の国が強くなりすぎると面白くなくなります。

戦略シミュレーションでは多分多くの人がこう考えるだろうと思うのですが、現実の世界では結果をすぐに欲しがる人が多いですね。インターネットでサイドビジネスが簡単に出来るようになっても、結果を出せる人は一握り。その理由は継続して行くことが出来ないからだといいます。

サイドビジネスに限りませんが、失敗によって多くのことを学べるのに現実世界だと失敗で人格が否定されたかのような苦痛を感じてしまうことがあるでしょう。

私もついついマイナス思考になってしまいますが、でも、単に失敗のデータ集めと思って、戦略シミュレーションみたいに戦略を練り直す楽しみを感じていけるようにしたいものです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。