スポンサードリンク

能力開発

環境計量士の重要性

環境という言葉はいうまでもなく、これから重要なキーワードです。環境計量士という資格を耳にしたのでちょっと調べてみました。環境計量士は騒音や振動、濃度などの計量を行う資格で、環境問題への関心が高まる中、環境計量士(濃度関係)、環境計量士(騒音・振動関係)及び一般計量士の3区分が制定されています。

共に通商産業大臣登録が必要です。

環境の計量と言っても、化学物質は技術の進歩に伴い範囲が広くなり、知識的にも高度なものが必要になってきているようです。

ところで、この環境計量士は国家資格です。余り聞いたことがなかったのですが、以外に良く知られている資格が民間資格だったり、余り聞かない国家資格もあるものです。

環境計量士は環境問題と密接な資格です。環境は知らず知らずに汚染されているもの。水道水や大気汚染。慣れてしまえば水道や大気が汚染されている事なんて全然気付きません。

環境問題で大事なのは「慣れ」という状態の意識に気付く事が第一歩です。本当においしい空気、本当においしい水、食べ物が当たり前のように味わえると言うのははっきり言って夢です。現実感を持って環境の改善された状態をイメージできる人はあんまりいないでしょう。

でも、環境の現状に意識を向ける事は出来るはず。自己変革でもそうですが、理想の未来を語る前に目の前の現実にしっかり向き合う事で一歩が踏み出せます。

メタボリックに例えれば、まず、食生活の乱れに気付く事。そこから、自己変革が始まるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。