スポンサードリンク

日記

フレグランスとメモリー

フレグランスは辞書によると心地よい香りの意味。変なにおいはフレグランスとは言いません。ですから、香水やアロマオイルの匂いはフレグランスです。ルームフレグランスも様々な形で市販されていますね。

ところで、匂いを感じる仕組みはまだ、良く分かっていないようです。ただ、フレグランスが直接、脳の原始的なところに作用するのは分かっています。フレグランスは嗅いだ人の気分や体調に大きな影響を与えます。フレグランスの記憶って結構記憶に残りませんか?

人によって違うかもしれませんが、ある状況で聞いていた曲が頭に残っていて、その曲を聴くとそのころの状況が思い出される、事が良くありました。私の場合、小売店で接客業をしていた時期があって、有線で流れる曲がそのころの気分の記憶と結び付いています。

どうしても、フレグランスの場合も記憶と結び付きやすいと思います。ある人のつけていた香水のフレグランスが記憶のと結び付いたり、田舎の風景が匂いと結び付いたり・・・。

人間の情報の大半は視覚からと言いますが、聴覚、嗅覚、触覚、味覚を意識する事で脳のいい刺激になるようです。特に触覚は直感力を鍛えるのに有効らしい。何かに触ったとき、直観が働くか意識してみると良いようです。

嗅覚はアロマテラピーがあるように、ストレス解消など精神にも大きく関わりますね。フレグランスは人工的な香水の香りが苦手な人もいると思いますが、私はアロマテラピーでも天然のハーブのアロマを良く使っていましたが、物によっては余り好きになれませんでした。

フレグランスは結局、自分が心地よく感じるものが良いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。