スポンサードリンク

精神・占い

名前と良運 命名にこめる意味

名前を良運で命名したいという気持ちは、誰でもあるようです。私の名前は親の名前から取ると言う最近は余りない付け方です。あまり、目立つ名前でも困るので別にいんですけど。

赤ちゃんの名前で良運を願う場合、姓名判断は一つの方法としてあるでしょう。姓名判断は色んな流派はあると思いますが、画数と音の響きが重要です。赤ちゃんの名前で良運を授かるように命名する事はそれだけ子供がかわいいから、気持ちがはいるのでしょう。

他には赤ちゃんが生まれた当時の有名人にあやかる場合。この場合、同じ名前が同級生にいっぱいいる可能性が高いですが、違和感ある名前にはなりにくいので良いのかもしれません。

最近の子供の名前を見ていると3文字の名前が多いですね。日本語は漢字で意味が籠められるので、3文字だとそれだけ良運を願って命名されたなという親の気持ちが伝わってきます。私の名前は苗字からして画数が多いのですが、署名の際、面倒だなんていうのは、罰当たりなのかもしれません。

姓名判断などの本を読んでいると、良運とはなんなのか、考えさせられます。良運というと苦労のない人生を親御さんは望んでいるのでしょうか?

なんでも思い通りになる事は自分を成長させる機会がないとも言えます。人生で何が起こっても乗り越えられ大きくなっていく、そんな心と体を授かる事が本当の良運のような気がします。

若い頃はそれなりに悩んで苦労もしたけれど、回り道をすれば得るものも多いのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。