スポンサードリンク

日記

育児と命名のバランス

最近、会社の同僚で出産が相次ぎ、育児について考える事が多くなりました。先日、育児についての本の読んでいたのはコーチングに興味を持ったからなのですが、同僚の女性からは、
育児

結婚

極秘と連想されたようです。でも、普通育児の本とか、命名の本とか読んでいたらそう思われますかね。育児の本や命名の本など読むと自分の親の苦労も思いやられますね。

育児の際、子供の名前を当然呼ぶわけですが、そうして、名前を呼ぶ事は育児の上で影響が出ると思われます。言葉の響きが子供の性格に影響を与えるのか、中々検証は難しいでしょう。でも、育児の第一歩として命名が重要であると思います。

命名の際に子どもがどう育って欲しいかを込めて命名すると思われますが、最初のうちは名前を呼ぶ際にその気持ちが込めているかと思われます。育児が進むにつれ惰性になってくるかと思われますが。

名前と言うのは社会のコミュニケーションで大事です。相手の名前を覚える事はコミュニケーションの基本です。私の職場の関係者でも、私の名前で呼ぶ人と、役職名で呼ぶ人と、単に男性の方などと呼ぶ人まで様々ですが、こちらが感じる親密度の違いは言うまでもないでしょう。

育児をする上で命名に力を入れた時の気持ちを忘れないようにしたいものです。最近、父親になった同僚は、気をてらった名前を命名しそうだったのですが、以外に普通の名前をつけましたね。まあ、奥さんの意見もありますからね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。