スポンサードリンク

日記

年金手帳との再会

年金手帳は会社に勤めていると余り普段目にしませんね。転職するときに久しぶりにお目にかかる、それが私の年金手帳のイメージです。うちの親は学生時代もしっかり年金を払っていてくれたので、私は年金の優良納付者です。

うちの親が非常にこういうことに厳しいと言うか、まじめなため、こんなに年金未納者が多いということはここ数年になって知ってショックでした。

年金手帳の中はあんまり詳しく見たことはないんですが、以前転職の際、ほんの数日、退職と次の会社の入社の間隔があいてしまって、その間の年金を納めさせられた事があります。だいぶ前なので、日割りだったか月額全部だったか良く覚えていませんが、引越しの転入を市役所にしにいったときに年金手帳が必要になりました。

こういう手続きは普段、なかなかやるものでないので、いざ、また転職、引越しと思うと面倒ですね。この面倒さが転職、引越しのネックです。

そう、前の会社にいたときに厚生年金基金のほうも積み立てられていたんですが、この「基金」というのが当時分からなくて、厚生年金基金加入者証をずっと引き出しに入れて取ってあったんですが、ある日その意味に気付いて、基金は厚生年金と別に払い戻しが出来るらしいと聞き、今の会社に相談した事があります。

ただ、厚生年金基金は基金の仕組みが会社によって違うらしく、私のは厚生年金に上乗せして戻ってくるらしい。

色々、調べてもらった方には申し訳ないことをしました。しかし、前の会社でこういう年金の説明もあっても良かったんじゃないかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。