スポンサードリンク

資格

福祉住環境コーディネータ 広がる役割

福祉住環境コーディネータという資格は1級、2級、3級とあります。福祉住環境コーディネータの名前を見たのはユーキャンの講座をぱらぱら、インターネットで見ていて、聞いた事のない資格ということで目に留まりました。

なんでも、ユーキャンでは福祉住環境コーディネータの資格試験が2007年から全面改訂とかでユーキャンの福祉住環境コーディネータ講座は一時休止とのことです。(福祉住環境コーディネータ2級、3級)

私は現在、中主企業診断士の講座をとっていますが、受講を始めた当初、中小企業診断士の試験改定がありましたが、講座はとりあえずやっていました。福祉住環境コーディネータの改定の度合いも有るとは思います。通信講座はこういう変化への対応は不安ですね。

情報収集はまめに行っておいたほうが良いでしょう。

ところで、福祉住環境コーディネータという資格は高齢者や障害者にも住みやすい環境をコーディネートする専門家。これから、高齢化社会には重要な資格かもしれません。そのための資格試験改定なのかな?

福祉住環境コーディネータはその仕事の性格上、ケアマネジャーや医師、看護師などとの連携も考えられます。また、まちづくりプランターとして建築士やインテリアプランナーとの関連も出てきます。

これからは福祉住環境コーディネータに限りませんが、専門だけでなく幅広い視野を持った人材が求められるでしょう。

意外な知識が意外なところで役に立つ、そういったことは想定して、こういう様々な資格にも目を向けておこうと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。